最新記事

以前は、未成年に対しては、法律というのは緩かったですし、多少法に触れてしまっても、起訴猶予がつきやすい、保護観察になりやすい、起訴されにくいという事もあった事が言えます。
ですので、なかなか被害者からすると納得できない部分もあったという事が言えます。
しかし、最近では、未成年に対しても法律というのは次第に厳しくなっています。
刑法の適応範囲年齢も以前よりもかなり下がっています。
もちろん、年齢が10代になってきますと、将来性があるという事で、成人の人よりも甘めな判決がでる事はあります。
しかし、以前よりかは年齢が若いからといって大きく甘い判決がでにくい状況になっています。
これは、被害者からするとプラスになると言えます。
これからは10代の人も、法についてしっかりと理解して、未成年だから甘く見られるという考えは捨てなければいけないです。
10代で前歴がついてしまいますと、人生損をしますので、注意しなければいけないです。

カウンセリング 大阪

コンクリート 補修

Natural Green

エレベーター 点検

関連記事

  • 日本の国には、未成年を守る法律が数多くあります。
    本来保護を受けることができる子供たちを正当な …

    詳細はコチラ

  • 人は大人になったかなっていないかによって社会生活の中で制限を受けることがよくあります。
    その中 …

    詳細はコチラ

  • 成人になると様々なことが社会的に許されるようになるということは多くの人が知っていることです。

    詳細はコチラ