最新記事

人は大人になったかなっていないかによって社会生活の中で制限を受けることがよくあります。
その中には法律で定められているものも多く、その理由も内容によって様々です。
最も典型的なものの一つとして知られているのが未成年者飲酒禁止法であり、満二十歳未満の人の飲酒を禁止するものです。
しかし、その詳細についてはそれほど知られていないのもまた事実であり、実はただ満二十歳未満の本人の飲酒を取り締まるためのものではありません。
その親権者や監督代行者が飲酒を制止する義務を定めていたり、酒類を販売や供与する営業車が満二十歳であることを知りながら販売または供与することを禁止したりといった細かなことまでもが定められています。
これによってできる限り未成年による飲酒を防ぐことが目指されているのがこの法律です。
まだ若いうちに飲酒をすると脳に悪影響を与えることも知られているため、健康な生涯を送れるようにするためには不可欠な法律として定められています。