最新記事

現代社会において医療問題は大きく取り上げられるものとなりました。
生活習慣病によって現代を生きる人たちは老若男女を問わずに健康リスクを抱えているということが明らかとなってきたからです。
生活習慣病として初期に患いやすいものとして知られるのが高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満であり、死の四重奏として知られるようになっています。
こういった疾患のリスクとなるものとして、飲酒や喫煙が大きいということが判明してきています。
日本においては法律によって未成年者の飲酒も喫煙も禁じられているものの、成人になってしまえば法律による制限を受けることなく自由に飲酒も喫煙もできます。
特に飲酒は文化的な側面もあり、社会に出れば必ず飲むものであると思わせるような社会状況もあって、ほとんどの人が機会があれば飲酒をするという状況があります。
未成年でも飲酒をしているということもしばしばあり、法律によって厳密なコントロールがなされていないのが現状であり、いかにして禁酒の動きを強めるかが生活習慣病予防の上で大きな課題となっています。