最新記事

成人になると様々なことが社会的に許されるようになるということは多くの人が知っていることです。
酒やタバコといったものがその代表的なものであり、20歳になると自由にお酒を飲んだり、タバコを吸ったりできるようになります。
しかし、これがただの社会での慣習というわけではなく、法律で個々に定められているということはそれほど高い認識を受けていることではありません。
飲酒については未成年者飲酒禁止法、喫煙については未成年者喫煙禁止法によってそのルールが定められており、親や販売業者に対しても課されている義務があります。
成人になっていない人はまだ未熟な人として判断されざるをえないため、成人側が飲酒や喫煙について禁止されていることをしっかりと認識させ、手が届かないようにするということが必要だからです。
そのため、親権者や販売業者には刑事罰が課されるケースもあるのが飲酒や喫煙であり、十分に注意して扱わなければならないものとなっています。