最新記事

日本の国には、未成年を守る法律が数多くあります。
本来保護を受けることができる子供たちを正当な保護の元に、健やかな成長を促していくことが目的とされています。
例えば、児童の労働の禁止を定めている法では、幼い子供たちが搾取の被害を受けない様に定められています。
また、親と子の関係も、多くの法律が介在します。
親は、子供を養育する義務を持っていますが、それが行われていない時、国は、最終的な措置として親権の停止ができるのです。
このように、様々な法律によって子供たちは守られていますが、それが100パーセント機能しているかというと、現在非常に難しい問題です。
国の中の子供たちの状態がはっきりしていれば、未成年を保護することも容易にできましょうが、実際には目が行き届いていないのが実情です。
子供の虐待は通告義務となりましたが、教師や民生委員と言った子供に近い存在の人たちの力を借りることも重要です。
そして、最も大事なことは、子供の問題に対処できる人員を増やすことです。